【ランキング】トップページ > 【数量限定】 マンボウの肝油 > マンボウ肝油 商品詳細

マンボウ肝油 商品詳細


夢 などの健康情報誌で話題沸騰中!
DPAがアザラシの2倍、サメ肝油の10倍と断トツ!
返金保証付きなので安心してお求めいただけます。


価格・送料 初回お試し 2袋5,990円  送料無料(半額)
1袋価格 4,400円 送料無料 
内容量 2袋 90粒 (1ヵ月分)
返金保証 あり。商品到着後30日以内
有効成分 DPA,DHA,EPA,コエンザイムQ10他
注文ページへ マンボウは日本の水族館でも飼育されていますが、飼育が難しい魚でも有名です。マンボウは独特の形ですが、あのかわいらしい形であるがゆえに泳ぎがあまり上手くありません。水族館で飼育されていると、水槽の壁に体当たりしてしまうことがあり、弱ってしまうことが多くあります。また、魚の皮膚はウロコで覆われていて硬いものですが、マンボウは別物です。皮膚がとても柔らかく、手で触ると食い込んでしまう位、触った手の跡が残ってしまう位です。そして、マンボウの身体の表面には驚くほどの寄生虫がおり、この事も飼育を難しくする要因になっています。外洋では時々体を横たえて水面近くに浮かぶまんぼうの姿が見られますが、これは寄生虫を鳥にとってもらう、或いは太陽の力で寄生虫駆除をするためだとも言われています。生態は少しずつ研究が進んでいます。水面近くだけに生息すると思われていたのですが、個体に探知機をつけて研究を進めた結果、水深800メートルまでを移動している個体もあり、表層生活説は覆っています。餌は主にクラゲや動物性プランクトンを食し、捕獲された個体の内臓からは、イカやエビも発見されています。水族館ではエビのミンチなどを与えているようです。愛くるしい姿のマンボウですが、その姿ゆえに泳ぎがうまくできず、結果として網にかかってしまい、このようにサプリメントに加工されてしまうのは、ちょっとかわいそうな気もしますね。
1本1000円のドリンク飲む?
肝パワーEプラス





イヌイットは健康です
マンボウのサプリ



深海からの贈り物
えがおの鮫珠